すっかり寒くなりました

  • 2013/11/23(土) 22:47:20

近頃、すっかり秋めいてきましたね。春から秋にかけて、出店ラッシュでしたが、最近は少し落ち着いてきました^_^

ゆっくり、物を作る時間ができたので、今日は「湯たんぽ」のカバーをつくりました。

保温力のあるフリースにハギレを叩きつけ、巾着袋にしました。愛用している、ドイツ製のfashyちゃんは、水枕系の湯たんぽなので、抱き心地がよい!

身が縮むこんな時期は、身体を温めて、血の巡りをよくしてあげて下さい。

ちなみにふんどしは、鼠蹊部やウエストの締め付けが無いため、血行促進の効果も期待できるそうです☆「寒そう!」と思ったそこのあなた、これを機に試してみませんか~♬

スポンサーサイト

干し野菜に挑戦!

  • 2013/08/16(金) 10:55:08

最近、保存食を作るのにはまっています。
ちょっと興味があるな〜って人に、まずは手頃な干し野菜をお勧めします。一人暮らしで野菜を腐らせてしまう、シーズンで一杯安い野菜が手に入る…そんな時にこそ!

良い所は…
*野菜を干す事でうまみ、栄養価がUPします。
*水分が抜けるので、調理時間が短く料理の味が決まりやすくなります。
*皮も葉っぱも全部食べれるので無駄なく食べれてゴミも出ない!(無農薬野菜を使う事をお勧めします)
*何よりも保存が可能に!(最大3ヶ月)

【作り方】
1、まず、たわし等でよく洗います。(今回は大根と人参を使用)

2、水をしっかり拭き取ったら1cm幅に輪切りする(細切り、乱切りも◎)

3、野菜が重ならない様にざるや干し編みに干す。風通しの良い場所日向に干す。(夜間は湿気を吸わない様に室内へ)

ちょい干しなら5〜6時間で完成(冷蔵で5日/冷凍で3週間 保存可)
じっくり干しなら2〜4日間で完成(冷蔵で1ヶ月/冷凍で3ヶ月 保存可)

簡単でエコですね♫

早速昨日干したお野菜を食べてみました^^

干し野菜のイタリアンソテー(オリーブオイル、ニンニク、干し野菜、塩、コショウ、バジル)

野菜のうまみがギュっとしてて、おいし〜♫
料理時間も3分でした。

チョットした時間に、簡単保存食「干し野菜」を作ってみてはいかがですか?

参考図書

今日からはじめる干し野菜今日からはじめる干し野菜
(2012/02/01)
庄司いずみ

商品詳細を見る

琵琶酵素作り♪

  • 2013/06/01(土) 10:40:48

2年ぶりに琵琶が沢山できたので、琵琶酵素を作ってみました。

☆ 作り方 ☆

好きなフルーツ(今回は琵琶)1:上白糖1.1

綺麗な手で↑を混ぜるだけ。

上白糖は砂糖の中でも粒が小さく、酵素が食べやすいらしいので、上白糖を使っています。
無農薬なら皮事ぜーんぶ入れてしまってもOKらしいのですが、今回は渋みが出ない様に、皮と種は除きました。

今までの経験上、包丁で切った後に手で果実をむしった方が発酵が早いし、まろやかになる気がするので、1キロ琵琶を手でつぶしながらむしって混ぜる。

こんな感じになります。(保管するときは晒しを上にかぶせて、輪ゴムで止めておく)

水は一切使っていなく、果実の液だけでドロドロになります。
冬だと2週間くらい、この時期だと5日間くらいで出来るかな?
砂糖が全部無くなったら、晒しで液をこして、清潔な保存容器に移しましょう。
常温でも保存できますが、冷蔵庫に入れておいた方が、保ちが良いです。

豆乳やソーダ水で割ったり、かき氷のシロップにすると最高!
(酵素は生きているので、加熱しないでね☆)

ちなみに、私が酵素を気に入っている理由はもう一つ!手荒れが治る。
毎日手でかき混ぜるので、酷い主婦湿疹が本当に良くなりました。
顔や身体にも塗ってみましたが、効果が歴然!個人差はあると思いますが、試す価値はありますよ~☆

好きなコト【藍染め】

  • 2013/02/07(木) 18:29:57

久々に、自分の物を作りました★

市販の綿麻のワンピースをキャンバスに針と糸でチクチクお絵描き。

木を生やして

太陽も出てきて

雲と雨が降ったら

また芽が生えた。

こんな感じで思いつくまま作っちゃいました☆

やっぱりお洋服も好きだな♪

【洒-sai-】の販売する時に着ようと思ってもういっこ作りました。

今日は春みたいなポカポカ陽気だったので、早く来たいな~

ビーツ染めに挑戦!

  • 2012/02/18(土) 15:14:27

島田で農家を営んでいるあきさんからビーツを頂きました。



スープにしたら、綺麗な赤だったので「染色したら綺麗な赤が出るかなぁ~」何て思いつき、今まで聞いた事のないビーツ染めに挑戦してみました!



染色物として綿の「さらし、Tシャツ、トートバック」を用意。



綿の草木染めには、色が入りやすくなるように、豆乳等のタンパク質に浸します。



その間にビーツを不織布に入れ、煮て色を出します。
ストーブで染色すればエネルギーの無駄も無い!



染色物を鍋に入れます。ビーツと豆乳の良い匂い♪こりゃスープだ☆
一度引き出し、鉄媒染駅に浸し、二度染め。
鍋が冷めたら、染色物に水が当らないように濯ぎます。

出来上がりはどうかな…

!!!すごい!!!

結果→濯ぐとほぼ白に戻る。

ビーツは染めに向いていない事が、実験で分かりました。
かろうじて鉄媒染が少しTシャツに残った位かな。
良いお勉強になりました