褌新聞(ふんどしんぶん)第二号 

  • 2013/02/09(土) 19:18:27

【洒-sai-】褌新聞(ふんどしんぶん) 第二号 2012/10/1

こんにちわ。手作り褌屋【洒-sai-】です。今回は日本製に拘る「洒」で使用している素敵な生地を紹介します、

江戸時代(1792年)に庄村の宮大工が京都西陣から持ち帰り、兵庫県西脇市を中心に生産されたのが「播州織り」先染めのチェックで柔らかく、肌触りが良いのが特徴。最近定番のこのチェックは播州織りです。越中や男もっこ褌にも使用していますので、是非お試し下さい☆
bansyu「播州織」 ¥2,000→買いに行く(クリック!)


江戸時代、上杉藩から引き継がれた越後の「亀田紬」。縦糸にむら糸を織り込んだ濃色の縞を基調とし、最終処理に一度洗いをかけて縞の味を出しているのが特徴。木綿本来の趣きある風合いを今に伝える伝統工芸の生地です。秋の新作の越中褌に使っています。張りのある生地と鮮やかな色彩が引き立つので、粋にキメたい方には一押しです!
kameda「亀田紡」 ¥2,500→買いに行く(クリック)

また、大人気の麻100%ダブルガーゼの生地は、三重県で織られています。この繊細な柔らかさは、日本人にしか出せないでしょう。履けば履く程柔らかくなるこの生地は、手に入れた人だけが体感できます♪大人気商品の為、生産が間に合っていません…出あった時がチャンスですよ!!(男女もっこ&越中褌アリ〼)
iphone_20111030165146.jpg
「麻100% 越中褌」¥2,500 →買いに行く(クリック)

そして、お待たせしました!日本でとれた大麻(おおあさ)を使用した、ヘンプコットンがついに褌に!!一枚一枚丁寧に草木染めを施しました。同じ物は一枚もありません。この生地も次はいつ入るか未定なので、お見逃し無く!染めの商品はイベント会場のみの販売になります。
fc2blog_20120928232350fc4.jpg fc2blog_20120928233018240.jpg「日本の大麻(草木染め)」¥4,500

第二号はこんな感じでしたねー。
何だか生地のオタク化が進んでいる様な気がします。いや、自分で納得した生地を使いたいから、それでいいのだ!!

染めシリーズはおかげ様で、毎度ほぼ完売です。出会った時が本当にチャンスですよ〜★

では、そんな感じで第三号はまた明日♪(書き上がるかな?)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する